PRESS ROOM

「東大生1800人が選ぶ、就職注目企業ランキング」を発表しました。

就職・転職のための企業リサーチサイト「Vorkers」(https://www.vorkers.com)は、2019就活調査レポート第1弾として、「東大生1800人が選ぶ、就職注目企業ランキング」を発表しました。

今年も継続した売り手市場が見込まれる19卒の就職活動ですが、企業側はインターンを夏だけでなく冬も行うなど、エントリー開始前の認知向上や早期接触に力を入れています。自社を深く知ってもらいたいと、OBOG訪問を積極的に展開する企業も増える中、Vorkersに蓄積された社員クチコミを企業研究に活用する学生が年々増加しています(※)。

Vorkersでは、すでに多くの登録がある19卒の学生ユーザーがVorkersでどんな企業に注目し、企業研究を始めているのかを調査し、ランキングを作成しました。人気ランキングではわからない、学生が社員クチコミを「実際に調べている」企業にはどのような特徴があるのでしょうか。第1弾は、東大生1800人による注目企業ランキングです。


(※)Vorkers学生ユーザー数 16卒:約11万名、17卒:約16万名、18卒:約19万名



【サマリー】
・東大生が注目している企業は1位 野村総研、2位 アクセンチュア、3位 三菱商事
・東大生が注目するTOP30社の内7社がコンサルティング会社、3社に1社が外資系企業




■東大生が注目しているのは、コンサルと外資系
今年も短期決戦が想定される就職活動ですが、3月の情報解禁・エントリー開始を前に、すでに多くの学生がVorkersで企業研究を始めています。特に、昨年3000名近い登録(※)があった東京大学の学生は、今年すでに1800名近い登録があり、情報収集に意欲的であることがわかります。
今回、東大生がVorkersで検索している企業を集計し、ランキングを作成しました。1位は野村総合研究所という結果になり、TOP10を見るとマッキンゼーやボストンコンサルティングといった難関コンサルファームや、商社からは三菱商事が3位にランクインしています。また、TOP30のうち10社が外資系企業であり、実力主義の色が強い環境で挑戦を求める姿勢が伺えます。

(※)Vorkers学生ユーザーの内2018年卒業・修了予定の東京大学 学生ユーザー数:2821名





■対象データ
  Vorkers19卒学生ユーザーの内、東大生1776名(2018/2/14時点)に限定し検索企業を集計

【Vorkersについて】「Vorkers」では、就職・転職の参考情報として、職場環境に対する社員・元社員の評価点やレポートを共有しています。企業の社員・元社員から情報を収集しているWEBサイトとしては、国内最大規模のクチコミ数と評価スコア(500万件超)が蓄積されており、会員数は約199万人(2018年2月時点)となっています。経営者や人事部のフィルターにかかっていない「社員の生の声」を共有することで、企業の実情をオープンにし、就職・転職活動をサポートしたいと考えています。また、ジョブマーケットの透明性を高めることで、「社員を大切にする企業の方が大切にしない企業よりも評価され、誠実なCEOが誠実に会社を経営しやすい雇用環境となること」を目指しています。

〔Vorkersの由来〕 “Voice of Workers”(働く人たちの声)という意味と、“Workers”の“W”を“V”に置き換え、働く人の「自立」という意味が込められています。

本件に関するお問合せ

株式会社ヴォーカーズ Vorkers運営事務局

お問合せフォーム