PRESS ROOM

「同一労働・同一賃金 正規と非正規の働き方」を発表しました。(働きがい研究所 調査レポート Vol.58)

就職・転職のための企業リサーチサイト「Vorkers」(https://www.vorkers.com)は、「同一労働・同一賃金 正規と非正規の働き方」を発表しました。

4月から順次適用となる働き方改革法の一つに「同一労働・同一賃金の原則」(2020年4月より適用開始)があります。これにより、正規雇用労働者と非正規雇用労働者の格差が解消されることが期待されますが、そもそも現在、正規と非正規の間でどのくらい満足度や待遇に差があるのでしょうか?

今回の調査レポートでは、Vorkersに投稿された「正規雇用労働者(正社員)」及び「非正規雇用労働者(契約社員)」のクチコミ評価をそれぞれ集計し、「格差」を分析しました。Vorkersに蓄積された約30万人のデータから考察します。

■同一労働・同一賃金 正規と非正規の働き方  https://www.vorkers.com/hatarakigai/vol_58

【Vorkersについて】「Vorkers」では、就職・転職の参考情報として、職場環境に対する社員・元社員の評価点やレポートを共有しています。企業の社員・元社員から情報を収集しているWEBサイトとしては、国内最大規模のクチコミ数と評価スコア(730万件超)が蓄積されており、会員数は約285万人(2019年4月時点)となっています。経営者や人事部のフィルターにかかっていない「社員の生の声」を共有することで、企業の実情をオープンにし、就職・転職活動をサポートしたいと考えています。また、ジョブマーケットの透明性を高めることで、「社員を大切にする企業の方が大切にしない企業よりも評価され、誠実なCEOが誠実に会社を経営しやすい雇用環境となること」を目指しています。

〔Vorkersの由来〕 “Voice of Workers”(働く人たちの声)という意味と、“Workers”の“W”を“V”に置き換え、働く人の「自立」という意味が込められています。

本件に関するお問合せ

オープンワーク株式会社 OpenWork運営事務局

お問合せフォーム